Discovery International School

Learning through play, the natural way!

ディスカバリーインターナショナルスクール
カリキュラム

当校のプログラムは、幼児教育における世界的リーダーとして著名なレッジョ・エミリア幼児学習センター(イタリア)による研究を反映しています。当校で実践するESL(第二言語としての英語)学習者向けの語学指導法は、社会文化理論および理解可能なインプットに関するクラッシェンの理論を反映しています。

ディスカバリーの学習環境は、暖かく家庭的な雰囲気になるようデザインされており、子供たちは好奇心を発揮し、社会的遊びを実践し、冒険を行うことができます。壁には生徒たち自身の作品や言葉、また学習中の写真などが掲示されています。

ディスカバリーの教師陣は、子供という存在、子供がものごとを理解する仕組み、および一人ひとりの子供の探究心を生かした学習や成長に、先生として手助けする最善の方法などについて、最新の研究成果から学んでいます。そして子供たちが自立した個人として自らの考えや感情を表現し、良い社会的関係を築き、自分にとって重要な疑問に対する答えを見つけられるよう支援します。

遊びと総合プロジェクト

Play project at Discovery International School
Building a house at DIS

ディスカバリーインターナショナルスクールにおける学習活動は、その大半が社会的遊びに基づいています。遊びの中で生じる子供たちの様々な関心や疑問、あるいは対立をもとに、各総合学習プロジェクトのテーマや内容、およびその長さが決まります。例えば、生徒たちが学校のドアの上に新しい小鳥の巣を見つけたとき。公園で遊んでいて太陽の光と影が織りなす不思議な関係に気付いたとき。ブロックで高速道路をつくろうとして、子供たちの間で意見が対立したとき。あるいは人々が見せる様々な感情表現を比較してみることで、子供たちが多くを学ぶだろうと期待できるとき。こうしたときに新しいプロジェクトが立ち上がります。

Building towers at Discovery International School

プロジェクトには少人数のグループが参加し、先生と子供たちの間で計画が練られます。もちろん保護者の参加も大歓迎です!プロジェクトにおける作業のようすを記録にまとめることで、子供たちも先生も、一人ひとりの成長を振り返り、新たな方向性を考えるきっかけにすることができます。また、この記録はご家族にも配布され、スクールでの活動を子供たち自身のことばを通して明確に理解することができます。各プロジェクトの期間は、子供たちの関心の持続に応じて、数日から数週間、あるいは数ヶ月に及ぶ場合もあります。

一般に、私たちが学習する内容が、日々の生活と無関係であるということはありません。実際に私たちは、生活の中で、読み書き、計算、科学、社会などの学習で得たスキルや知識を結合し利用しています。その点は子供の場合も同じです。

ディスカバリーでは、遊びから発した学習プロジェクトの中で、様々な教育科目からの関連する内容やスキルが自然に統合します。これにより子供たちは新たに習得したスキルや知識を、具体的文脈の中で深く理解できるようになります。この点がバラバラに分割された科目別レッスン(1時限目の算数、2時限目のフォニックス、など)では得られない、非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

言語発達

子供たちが間違いを恐れず、自分の考えや感情を伝えたいと強く思っているときにこそ、言語の習得はすすむものです。ディスカバリーでは、複数の「ことば」(発話、絵、彫刻、踊り、その他)を通じてコミュニケションをするように、子供たちを励まします。ディスカバリーでは、英語ネイティブの生徒も英語が初めての生徒も、コミュニケーションにおいて何よりも重要なのは自分の考えなのだと理解します。

Craft time at Discovery International School Painting the window at DIS!

第二言語として英語を学ぶ生徒には、英語を中心としたレッスンを毎日おこないます。生徒たちは「社会参加」に有用なフレーズを学び、プロジェクトや遊びのなかで使用される具体的なボキャブラリや文法を教わります。このように第二言語の学習を生徒たちの具体的な日々の経験に結び付けることで、生徒たちは新しいことばを自然に、スピーディに身につけることができるようになります。

読み書き & 算数

Math at Discovery International School

Director, Finbar Burke, reading with a student at DIS

読み書きの学習は発達過程の一環です。したがって指導のあり方も、一人ひとりの成長を促すものでなければなりません。ディスカバリーでは、まず子供たちに本を「読む」ことと、書くことの楽しさを教えます。グループで声に出して本を読み、また二人一組で互いに読み聞かせるという活動が、一日を通じてふんだんに行われます。また読み書きの学習では、内容理解、内容予測、ストーリー追加、創作、ドラマ化、本で知った内容の実践、書き方、韻とリズムなど、多くの項目に注目します。先生は一人ひとりの子供に対して、「文字と音」の対応関係、文における最初と最後の単語の音声認識、単語グループ、頻出単語、作文のルールなど、多くの知識を身につけられるようサポートします。読み書きのスキルは、全てのプロジェクトと密接に結び付き、一体をなしています。

算数も、当然のことながら、多くのプロジェクトに組み込まれています:計り方、比較、分類、グラフ作成、数え方、関数、その他。
また、数量的思考や数学概念は、ゲームや音楽、あるいは遊びの素材を通じても探求されます。

美術・音楽・体育

Dancing at Discovery! Children love art projects at DIS Physical Education at Discovery International School

ディスカバリーの子供たちは、絵具、クレヨン、粘土、布地、ビーズ、楽器、マイクなど、美術素材や楽器などを自由に試すことができます。先生がお手本となって様々なテクニックや道具の使い方を示し、アートを通してアイディアや気持ちを伝えるよう、子供たちを促します。子供たちはさらに明確な表現を見つけるために自ら考え、自分の作品を手直しすることも学びます。

身体の健康は、脳の発育、感情、集中力、そのほか様々な領域に影響します。ディスカバリーのカリキュラムには、屋外での遊びが定期的に組み込まれています。屋内での活動についても、子供たちがたくさんの遊びや音楽、あるいは運動のなかから、毎日自由に選べるようにしています。もちろん生徒の安全および健康が常に最優先です。

多くの学習プロジェクトに、美術、音楽、および体育が意識的に組み込まれています。

クラス

プリスクール

アフターインベスティゲーターズ (アフタースクール小学生)

アフターグラッズ (アフタースクール, プリスクール卒園生、帰国子女、 ネイティブの小学生対象)

Children at Discovery International School, Nagoya Discovery International School in Nagoya, Japan Discovery International School sitemap Email DIS info@discoveryis.com

インターナショナルスクール,プリスクール&アフタースクール
レッジョ・エミリア・アプローチ、幼児教育有資格者
名古屋東隣の長久手市

info@discoveryis.com
Tel: 0561-63-1222 Fax: 0561-58-7333
〒480-1146
愛知県長久手市片平2-701

Discovery International School
is certified as a child care center
by the Aichi Prefectural government.